読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜の都の北の端

だいたいその辺から、知らない貴方へお手紙です。

暇だから

手紙をしたためようと思った理由なんてそれだけのことなのだと 言ったらあなたは怒るのでしょうか。 でも、きっとその後には許してくれると信じて筆を取ります。 暇な時にでも、読んで頂けたら嬉しいです。 お返事は、特に、待っていませんが。 それもやっぱ…